せんだんの杜「午後の音楽cafe」(認知症カフェ)へようこそ! 31

平成30年5月17日(木)に開催しました🐦

ものわすれの話(講話)により、住民同士の助け合いについて学びます。

今回の講師は、NPO法人 地域生活支援 オレンジねっとの代表:荒川陽子さんです。

荒川さんは仙台市泉区南光台で住民同士のふれあい支援活動~困った時はお互いさま

やさしい支え合いの輪を広げよう~を長年にわたり実践されています。

 

オレンジねっと:荒川陽子さん

 

「みなさんは、今日こちらへいらっしゃる時に『誰かに車に乗せてもらった』と

いう方はいますか?」との話題から始まりました。

会場からは複数人の方の手があがりました。

「誰かと誰かが『できること』と『してほしいこと』でつながることで、

住民同士の助け合がうまれます。お話だけではイメージがつきにくいので、

今日は【ご近所さんの困り事カードゲーム】をやってみたいと思います。」

お客さま同士が協力して、テーブルの上のカフェのカップやお菓子を片付けて、

カードを並べてゲームがスタートしました🍀

 

 

テーブルから、あふれる程の『困り事カード』です。内容は・・・

料理、洗濯、掃除、買い物、庭の草取り、洗車、通院の付き添い、役所の手続き、

ゴミ出し、窓拭き、衣替え・・・などなど。どれも全部自分でやるとなると大変そうです😓

なかには、包丁研ぎ、雪かき、家電製品などもあり、「確かに!」と

自分では思いつかなかった事もたくさんあり、同じテーブルのグループの方々で

「これは大変かも!」「だよね~」と、どんどん会話が弾みます。

 

私の『困り事』を手伝ってくれる人!⇒「はい!!」

 

「自分の『困り事』を選んだら、同じグループの中から手伝ってくれる人を探してください。」

例として、荒川さんが仕事で帰宅が遅くなった時の『夕食作り』の困り事に、

国見ケ丘地域包括支援センター阿部所長が「はい!!」と手をあげ、

「味に自信はないけど、それで良ければ手伝います!」と頼もしい申し出がありました。

『困り事』『支援者』がつながる=成立したらお互いに握手をします。

 

みなさん、一生懸命に自分の『困り事に対して『支援者』を探します。

「私それ得意だよ!やってあげるよ!」「あまり上手くはないけど一緒にやろうか」

「実は昔からお菓子作りが好きだったの。今度作ってあげるね🍰」

「自分の買い物のついでに、一緒に買って来てあげるよ🚗」

「ものわすれで予定がわからなくなったって、隣に住んでる私が教えてあげるよ!」などなど、

あちこちで温かく、優しい言葉が聞こえ、笑顔で握手をする人たちがたくさんいました😊

 

もちろん、「それは女の人ではダメだよね。男の人の方がいいんだけど・・・」

「ここにいるのはみんな歳取ってるから出来ない事は一緒だよね。もっと若い人がいないとね・・・」

などという、この場では解決できない内容もありました。

 

最後に出た意見をグループごとに発表しましたよ🎤

 

吉成学区社会福祉協議会:熊谷会長

 

「私のテーブルは、みなさん若い乙女だった頃と比べると、あれから40年・・・。

みんなお年を重ねられた方々です。困った事は・・・全部!だそうです!!

洗車や家電製品の扱い、庭掃除など、他のテーブルよりご協力をお願いします!」との

報告もありました😌 近くで見つからなかったら範囲を広げて支援者を探す!ことも大事ですね。

 

いつにも増して会場全体が活気に満ちていて、ご夫婦同士やお友だち同士、初対面の方とも、

異なる地域の方とも、男性も女性も、笑顔で会話が弾んでいました!

困った事を身近な誰かに相談できることは、なかなか勇気のいることかもしれませんが、

今回のグループワークを通じて、ちょっとの勇気で解決できる心強いマンパワー

地域にたくさんあることを知ることができました。

 

荒川陽子さんすてきな機会をありがとうございました💖

 

🎼 ミニコンサートは ドムラ & マンドリン です 🎶

 

「午後の音楽café」に何度もご出演いただいているマンドリン演奏田原靖彦さんです♪

 

マンドリン演奏田原靖彦さん

 

毎回、すてきなマンドリンの音色だけでなく、様々な演出をしてくださる田原さんです。

今回はロシアの民族楽器 “ドムラ” という珍しい楽器をご披露してくださいました!

 

ロシアの民族楽器 “ドムラ”

 

「サイズはマンドリンと同じ位ですが、丸みのある胴と単弦構成(各弦が1本ずつ)の楽器です。

音色もマンドリン似ていますが、単弦のため、哀愁を帯びた素朴な音色が特徴です。」

田原さんが解説して下さいました。

珍しい楽器 “ドムラ” の登場に、お客さまも興味津々の表情をされていました😊

 

ミニコンサートの第1部は ~ドムラで奏でるロシア民謡の世界~

『赤いサラファン』『ロシア民謡メドレー~哀愁のカレリア/カチューシャ/ステンカ・ラージン/

モスコーの夜は更けて/黒い瞳』『二つのギター』

“ドムラ” の美しい音色にお客さまからも「心がやすらぎました」「めったに聴くことができない

音楽に感激しました」「ロシア民謡に懐かしみを感じました」などとの感想が寄せられました。

 

 “ドムラ” によるロシア民謡の世界♪♫♪♫

 

第2部は ~マンドリンによるクラッシックの名曲~

楽器がマンドリンとなり、第2部が華やかにスタートします♪

『野ばらに寄す』『ト調のメヌエット』『タイス瞑想曲』『美しきロスマリン』

『マンドリン協奏曲ハ長調より第1楽章』 どなたにも聞き覚えのあるクラッシックの名曲ばかり。

お客さまは目を閉じてうっとりと聴き入っておられました。

田原靖彦さん、心癒されるすばらしい演奏をありがとうございました✨

 

「午後の音楽café」は申し込みがいりません ☕

 

コーヒーの香りに包まれた午後のひと時

会場のせんだんの🌳

 

おいしい手作りのクッキーを召し上がりながらゆっくりと語り合い

工房「しらかば」さんのクッキー🍪

 

ものわすれについて ゆるやかにことができ、認知症に関する情報がたくさんあります📚

 

毎月1回開催しています。申し込みはいりません。

開催中は、何時にいらしてもご参加いただけます。もちろん途中でお帰りになることもできます。

天気やスケジュール、講話やミニコンサートの

今まで開催した「午後の音楽café」の詳しい内容はホームページでご覧いただけます。

 せんだんの杜「午後の音楽cafe」(認知症カフェ)へようこそ! 

こちらのタイトルで検索してみて下さい。

 

 

「午後の音楽cafe」6月チラシ

日 時:平成30年6月19日(火)午後1時30分から午後3時30分まで

会 場:せんだんの杜(リベラ荘 1階デイサービスフロアー)

    仙台市青葉区国見ヶ丘7丁目141-9(仙台青陵中等高等学校向かい)

内 容:コーヒーやお菓子を楽しみながら…

     ①ミニコンサート(第1部)ギター&サックス演奏
          千葉敏之 さん (ギター)&菊本健朗 さん(サックス)
     ②ものわすれの語
         東北福祉大学せんだんホスピタル
          大瀧宏美 さん  / 副看護師長
     ③フリートーク
     ④ミニコンサート(第2部) ギター&サックス演奏

参加費:無料(事前のお申し込みなどは必要ありません)

カフェ:無料メニュー コーヒー・緑茶・ほうじ茶・麦茶

    100円メニュー お菓子(クッキーなど)

主 催:吉成学区社会福祉協議会

    ボラ・ネット「杜の丘」

    国見ヶ丘地域包括支援センター

    せんだんの杜