せんだんの館ブログその3 「地域連携を考えるワーキングチーム」について

せんだんの館では「地域連携を考えるワーキングチーム」(通称:地域ワーキング)という取り組みを行っております。
このワーキングチームは、様々な職種によって構成され、せんだんの館が地域の中で「社会福祉法人としての公益的な役割」を果たしていくための企画・運営などを行っています。

具体的な取組み例としては、以下のようなものがあります。

★「簡単!男性料理教室」などのサロン・イベント・介護予防教室の企画・運営
★広報誌「おたっしゃ便り」の発行
★施設機設備の開放や機能向上のための取組み
★災害時における地域との連携

などなど、地域のニーズに率先して対応していくための取組みが中心です。


この日は、今年度3回目のワーキングを開催。
東北福祉大学の実習生も参加し、近隣の小中学校の体験事業の受け入れや、広報誌「おたっしゃ便り」の企画案についての打合わせ。学生からも活発な意見や感想が聞かれていました♪

地域ワーキング①












テーマはその時によって様々!
継続して検討していくこともあれば、利用者の方、地域の方々の「ひと言」から、新たなテーマが生まれることもあります。
どんな職種でも興味があれば参加は自由で、我々職員も「実践するなら自分たちも楽しめることを!」をキーワードとしています♪

地域ワーキング②













活動の内容は、主に広報誌「おたっしゃ便り」の中でご報告していきます。
次号は7月下旬に発行予定で、近隣町内会の回覧や市民センター・せんだんの館窓口等へ設置させていただきますので、興味のある方は是非お手に取ってご覧ください♪

次回は、せんだんの館「MOI ! Cafe」と「フィンランドランチ」についてご紹介します♪