せんだんの杜「午後の音楽cafe」(認知症カフェ)へようこそ! その5

平成28年3月17日(木)7回目の認知症カフェを開催しました。

せんだんの杜にも少しずつ春の訪れが・・・

日差しはだいぶ暖かくなってきましたが、風はまだ少し冷たく感じます。

そんななかでも自然界では確実に春の準備がはじまっていました。

春のいぶき⑮春のいぶき⑩

ふきのとう&つくし よ~く見ないと見逃してしまう、かわいらしいサイズです。 

来月4月19日の開催には桜並木の桜が見ごろかもしれませんよ🌸お楽しみに…。

 

ミニコンサートはゴージャスに🎶 マンドリン&ピアノ演奏

1月に演奏されたマンドリンの田原靖彦さんと2月に演奏されたピアノの工藤明日香さんによる

ミニコンサートでした。

ミニコンサート第1部では前半を田原靖彦さんによるマンドリン・ソロ演奏

演奏:第1部マンドリン9 ♪「月の光」 「見上げてごらん夜の星を」など

 

ミニコンサート第1部後半を工藤明日香さんによるピアノ・ソロ演奏

演奏:第1部ピアノ6 ♪幻想曲「さくらさくら」 「ラ・カンパネラ」

 

ミニコンサート第2部はマンドリン&電子ピアノによる共演

演奏:第2部47田原さん&工藤さん③

♪「鉄道員」 「La Serenata ~セレナーデ~」 「ハワイの結婚の歌」

ソロ演奏ではそれぞれの楽器の奏でる音色とすてきな演奏を堪能させていただき、

共演では一緒になることでのハーモニーの楽しさや、より一層の曲の深みを感じ、最後まで

あっという間のコンサートとなりました。お客様からも「音色の美しさに感動しました」

「それぞれを楽しみ、共演でも楽しみ、心から癒されました」との感想が聞かれました。

 

ものわすれの話は、笑いを交えて学びを深めました 😛

ものわすれの話は「認知症介護研究・研修仙台センター」のセンター長である加藤伸司先生

による分かりやすいお話でした。加藤先生には記念すべき第1回に講話を担当していただいて

おり、今回で2回目となりましたが、この間に参加されてきたお客様は毎回必ずものわすれの話を

学ばれていますので、大分知識が豊富になられてきています。加藤先生もそのことを感じられ、

研究による徹夜明けという状況での講話でしたが、「アルツハイマー病」についての話を、

皆さんの熱意と共に大いに盛り上がり、笑いを交えて話が進みました。

講話なのに“盛り上がり、笑いを交えて”という表現に驚かれるかもしれませんが、

この認知症カフェでは、参加されやすい雰囲気を大切にしていますので、堅苦しくなく、

初めての参加でも、お一人で参加されても、楽しんでいただける内容に工夫しています。

それゆえ、大いに“盛り上がり”ますし、所々では“大爆笑”も起こります。

笑いを交えつつ、ためになるお話を聞くことができるので、参加されている方々は楽しみにして

いただけているのだと思います。

講話:加藤先生26

認知症介護研究・研修仙台センター:加藤伸司センター長

 

皆様の笑いに包まれた雰囲気を掲載できないのは残念ですが、ぜひ一度、この体験を試して

みませんか?

音楽に癒され、ためになるお話を聞くことができ、参加されている方々との賑やかな談笑、

美味しいコーヒーや手作りお菓子、知りたい情報が手に入るコーナーもあり、ちょっと気に掛かる

ことはその場で専門職による相談もできます。

新しいテーブル配置①仙台自立の家②展示・相談コーナー③

会場の雰囲気、「仙台自立の家」の美味しいお菓子、情報&相談コーナーなど

4月19日には春の日差しのなか、もしかしたら満開かもしれない桜を眺めつつ、

認知症カフェ「午後の音楽cafe」へ足を運ばれてみてはいかがですか?

開催日には、せんだんの杜の入口などに案内を掲示しております。

案内にちらし①案内にちらし②

午後の音楽カフェ4月ちらし

日 時:平成28年4月19日(火)午後1時30分から午後3時30分まで

会 場:せんだんの杜(リベラ荘1F)

    仙台市青葉区国見ヶ丘7丁目141-9(仙台青陵中等高等学校向かい)

内 容:コーヒーやお菓子を楽しみながら…

     ①ミニコンサート(第1部)ピアノ演奏
      佐藤真弓さん
       第47回全東北ピアノコンクール第1位並びに文部科学大臣奨励賞受賞
       アポロ音楽院講師
     ②ものわすれの話
      加藤伸司さん-認知症介護研究・研修仙台センター/センター長
     ③フリートーク
     ④ミニコンサート(第2部)ピアノ演奏

参加費:無料(事前のお申し込みなどは必要ありません)

カフェ:無料メニュー コーヒー・緑茶・ほうじ茶

    100円メニュー お菓子(クッキーなど)

主 催:吉成学区社会福祉協議会

    ボラネット杜の丘

    国見ヶ丘地域包括支援センター

    せんだんの杜

 

 

 

せんだんの杜 響の間通信 「お誕生日のお出かけ編」

3月にお誕生日を迎えられた方々をご紹介します🎂

響の間でお誕生日が数日違いの方がお二人いらっしゃいます。

どちらも素敵なお誕生日となりましたので、ぜひともその雰囲気を紹介させてください!

 

「温泉に行きたい!」というご希望により出発♨

出発前から、たくさんの「お誕生日おめでとうございます!」という声に、嬉しそうな

笑顔で応えておられた利用者様。

美津子さん① 「行って来ま~す!」荷物の準備もバッチリです。

美津子さん② 車中で歌をうたいながら…🎶

あっという間に「とみや湯ったり苑」へ到着です。さっそくお風呂へ…。

室内浴の「十宮の湯」「湯腰掛」や露天にある「ひのき風呂」「洞窟風呂」など色々なお風呂を

楽しみました。

「お肌がツルツルになったよ✨」と嬉しそうにされていました。

入浴後はお待ちかねの食事の時間。「何を食べようかな?」と何回もメニューをめくり、

悩んだ末に選ばれたのはマグロ丼とメロンソーダでした。

美津子さん③ 「好きなんだ、マグロ」「いただきま~す!」

美津子さん④ 「おなかいっぱいで、腹が苦しいね」

リベラ荘に帰ってからも、お誕生日はまだまだ終わりません!

続いては、職員からのお誕生日プレゼントの時間です。🎁

今年は手作りの写真入り寄せ書きです。喜んでいただきたいなぁ…と私たちの気持ちを込めて、

コツコツと制作しました。

美津子さん⑤ 「あら~!すごい!!」

職員からのメッセージに「恥ずかしいことがいっぱい書いてあるね💛」と照れておられました。

「思い出になるね。ありがとう」とにっこり笑顔。私たちも嬉しく思いました(^^♪

「今日はとっても最高の日!今度はみんなで行こうね!」とおっしゃって下さいました。

次はもう少し温かくなったら、遠出をして秋保温泉にでも行きたいですね!

 

米寿のお誕生日をご家族の皆様とご一緒に🌸

お誕生日の少し前からご家族の皆様と相談を重ねて、長命ヶ丘にある「うなぎ処 中村」への

外出を企画させていただきました。

稔子さん①

なんと、ご家族の皆様は30年近く通っておられる馴染みのお店なのだそうです。

ゆっくりとした雰囲気のなかで、ご家族の皆様様より素敵なお話をたくさん聞かせていただきました。

利用者様も柔らかいうなぎに舌鼓、1枚をペロリと召し上がりました!他にも焼き鳥や

カニとタコの酢の物など、昔お好きだったというお品をご家族の皆様が注文して下さいました。

稔子さん② 笑顔がとっても素敵な娘様ご夫婦と。

利用者様の視線の先は…向かいに座っておられた旦那様を見つめています♪

会食の最後には、娘様が用意して下さったお誕生日ケーキの登場です🍰

稔子さん③ ご長寿を願い「ハッピーバースデイ」を歌います。

稔子さん④ 参加して下さったご家族の皆様とご一緒に。

今回はご家族の皆様が一緒に企画して下さり、お店の予約やケーキのご用意などたくさんの

ご協力をいただきました。職員として関わらせていただいている普段の生活のなかだけでは

見ることのできない利用者様のお顔を見ることができて、とても素敵なお誕生日会と

なりました。

ご利用者の皆様の生活が充実したものとなるのも、ご家族様のご協力があってこそだと

感じております。本当にありがとうございました。

稔子さん⑤ 職員からのプレゼントです🎁

思い出写真がたくさん♪お部屋に飾らせていただきました。

 

お誕生日の報告は以上です。お誕生日を祝われるのは、おいくつになられても嬉しいことだなと、

利用者様の笑顔を見て実感しました。

最後までご覧いただき、ありがとうござました。響の間通信、次回をお楽しみに!