「せんだんの杜」における今冬の節電行動計画について

1.「せんだんの杜」におきましては、社会貢献活動の一環として、今冬の節電行動計画を策定いたしました。
2.ご利用者の皆様の健康保持、職員のケア行動・感染予防対策などに支障のない範囲で、実行いたします。
3.特にご利用者の皆様のカゼやインフルエンザ等への罹患防止に支障が生じないよう、様子をみながら無理なく実行できるように注意します。


せんだんの杜2012年冬期節電行動計画

(計画をご覧になるときはクリックしてください。別ウインドウが開きます。)

電力使用状況お知らせブログパーツ|政府の節電ポータルサイト「節電.go.jp」


復旧・復興支援制度データーベース


setsuden(180x50)


get_adobe_reader_s

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

サポートセンターへの支援活動について


 当法人では「認定特定非営利活動法人 災害福祉広域支援ネットワーク・サンダーバード宮城支部」を担っています。



 「サンダーバード」は、中越地震での震災経験から検討が進められ、2005年8月23日に発足しました。

 災害時要援護者支援を念頭におきながら、人的支援と物的支援を医療福祉関係者の広域連携によって実現するために、さまざまな啓発研修、各施設の状況にあった避難訓練のコーディネート、災害時の社会福祉施設事業継続計画(BCP)策定支援などの事業を展開しています。現在は東京に本部を置き、10の県に支部を設置し、上記の活動とあわせて東日本大震災の復興支援活動も行っております。
サポセン_r.JPG

 昨年度は、仮設住宅等にお住いの方々に総合的な支援を行うサポートセンターへの後方支援活動として、岩手県・宮城県・福島県の各県1か所のサポートセンターで活動を行いました。そして、本年度からは宮城県気仙沼市本吉地区にあります「大谷公民館応急仮設住宅入居者等サポートセンター」への支援活動を行っております。
キャンドル作り_r.JPG
事務仕事_r.JPG
住民の畑草刈_r.JPG
鎮魂キャンドルつくり_r.JPG

 宮城支部である当法人では、9日間の期間でローテーションを組み職員を派遣して、サポートセンターの後方支援活動を行っています。震災で被害にあわれた方々の支援は充足している状況とはいえません。また同時に、被災地に住み続けながら現地で支援活動を行っている人たちへの支援活動も欠かせません。
住民活動_r.JPG
住民活動・完成物_r.JPG
訪問活動_r1.jpg
心の講和会_r1.jpg

 まだまだ多くの課題が残されている現状においては、さまざまな分野、さまざまな地域の方々への支援が不可欠です。
本活動にご理解を賜りますとともに、これからもご支援をお願いいたします。

リベラ荘等の「電話設備等交換工事」について


 下記のとおり「電話設備等の交換工事」を行うことに伴いまして、一時的に固定電話がつながりにくくなる時間帯が生じます。ご家族様、関係事業所・機関の皆様には、一時的にご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をくださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


1.つながりにくくなる日時
  平成24年11月2日(金) 20時頃~20時30分頃までの間
   (作業状況により、早く開通する場合もあります)
2.つながりにくくなる事業所
 1)特別養護老人ホームリベラ荘
 2)せんだんの杜国見ケ丘通所介護事業所
 3)せんだんの杜訪問介護事業所
 4)せんだんの杜居宅介護支援事業所
 5)ケアハウス フェリコ館
 6)サテライト事業所からの転送電話(川平の家、国見の家、国見ケ丘地域包括支援)
 ※上記以外の事業所の固定電話は、通常通り使用できます。

3.詳細につきましては、次のPDFファイルをご参照ください。
リベラ荘等の電話が一時つながりにくくなります


get_adobe_reader1PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。