『 秋祭り 第10回 遊びにござin北乃家 』のご報告

平成28年10月1日(土)せんだんの里国見ケ丘3丁目グループホーム・デイサービス(屋号:北乃家)を会場に、秋祭り“第10回 遊びにござin北乃家”を開催致しました。

当日は、秋らしい青空のもと、天気にも恵まれ、多くの皆様に足を運んで頂きました。ここで、ご参加して下さった皆さんに感謝申しあげます。また、ご参加された方の中には、『ホームページで見て来ました。』という方もおり、ホームページを通して、せんだんの里を知って頂けたこと、大変嬉しく思います。

 

今年も様々な催しを準備し、大盛況に 秋祭り“第10回 遊びにござin北乃家”を終えることが出来ました。皆さんに、ご報告致します。

 

こちらは、“AED講習会”です。

そもそも“AED”って聞いたことありますか?

AEDとは、自動体外式除細動機と言って、突然心臓が正常に拍動できなくなった心停止状態の心臓に対して、電気ショックを与え、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。

今、ショッピングセンターや駅、競技場、観光バス、ゴミ収集車等にも設置され、とても身近なものになっています。北乃家にAEDが設置され3年が経過しました。幸いに、今まで出番はありませんが、AEDの必要性やどこにAEDがあるのか、地域の皆様にお知らせする意味も込め、昨年から秋祭りでAED講習会を開催しています。

 

指導者の方の説明を皆さん真剣に聞いています。心肺蘇生法も実際にやって頂きました。

AED1 (2) AED1 (1)

 

こちらは、“キッズコーナー”です。

毎年、沢山の子供達が参加してくれています。

ウォ-クラリーや水風船、輪投げ等を楽しんでもらいました。

秋祭り会場内にあるチャックポイントを周り問題を解いた子供達が、真剣に答え合わせをしています。

キッズ

 

こちらは、今年初の試み“リース作り”です。

手先の器用な職員が、講師となって、子供から、大人まで、皆さん真剣に作られていました。

場所が狭く、順番でのご案内とはなりましたが、大盛況で、準備していた個数全て完売となりました。

 

親子でリース作りに挑戦中!

リース

 

こちらは、“水消火器体験”です。

もしもの火事に、一番大切こと皆さん知っていますか?

それは・・・初期消火です。

初期消火・・・『消火器で火を消せばいいのね~』と、皆さん案外簡単に考えているかもしれませんが、消火器を使えない方、結構多いんですよ。そこで、ぜひ消火器の使い方を皆さんに体験してもらおうと、今回、こちらも初の試みで“水消火器体験”を行いました。

いざ、消火器を目の前にすると『あれっ、水が出ない?』『どうするの?』と、使い方がわからず、戸惑ってしまう方もいましたが、実際に体験し『こうやって使うのね~』と、しっかり使い方をマスターしていかれました。

 

未来の消防士!的に向けて、いざ消火!!

消火器 (1)

まだまだ見習い消防士!上手くいかないこともあるさ。

そのためにも、訓練あるのみ!!

消火器 (2)

 

こちらは、“販売コーナー”です。

毎年参加して下さっている、手作りの洋服屋さんに帽子屋さん、芋煮汁に、野菜に果物・漬け物やお惣菜と、品物も豊富です。その他、北乃家の地域密着運営推進員の皆さんの味の染みた玉こんにゃくに長命ケ丘のフォンメールさんのパンと、多くの出店がありました。

販売 (3) 販売 (1) 販売 (2)

 

こちらは、“振る舞い餅”です。

11時30分と12時30分の2回、足を運んで下さった皆さんやご利用者さんや職員、みんなでお餅をつきました。つきたてのお餅を、きな粉にあんこ、黒練りごま味の3種類で皆さんに振る舞いました。毎年、このお餅を楽しみして下さっている方も多く、『美味しかった~』と皆さん笑顔になられていました。

振る舞い

 

こちらは、“フリーマーケット”です。

良いものを求め、早い時間からお客様でいっぱいになっていました。

販売

 

こちらは、“展示コーナー”です。

北乃家のご利用者さんの作品“刺し子”を展示しました。

『素敵ね~』と、皆さん足を止めて、ご覧になられていました。

展示

 

こちらは、“カフェコーナー”です。

二日町にあるお店“九二四四”さんのケーキが食べられる一日限りのカフェがオープンしました。こちらにも、沢山の皆さんがケーキを目当てにいらっしゃって下さいました。

召し上がった他に、お土産に持ち帰られる方も多く、大繁盛でした。

カフェ (2) カフェ (1)

 

こちらは、“無料マッサージコーナー”です。

こちらも、毎年恒例となりました。訪問マッサージの“フレアス”さんのご協力のもと、

一日限りのマッサージ店オープンしました。

『昨年気持ち良かったから~』という方も多く、閉店ギリギリに『まだやってるかしら』と駆け込まれてきた方もいましたよ。
なにやら、マッサージの方法を見聞きしている様子もありました。

マッサージ

 

 

秋祭り“第10回 遊びにござin北乃家”、無事開催出来ましたこと、ご協力頂きました皆さん、ご参加頂きました皆さん、大変感謝致します。

今回、都合が合わす参加出来なかった皆さん、ぜひ来年も開催致しますので、多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

 

 

 

せんだんの里だより11月号

皆様、こんにちは!地域の皆様へ、暮らしに役立つ情報などをお伝えしていきたいと思います。

里だより11-1 里だより11-2

(画像をクリックすると拡大できます)

『まちの音楽カフェ♪』へのお誘い

認知症を学び、専門職や地域の方と出会う場所として、 『まちの音楽カフェ♪』を開催致します。

是非お気軽にご来店ください。

まちカフェ11-1

 

「仙台敬老奉仕会」施設見学会について

 

せんだんの里で活動されている黄色いエプロンの「仙台敬老奉仕会」がカナダから関係者を招いて
第2回国際介護フォーラム“日本にボランティア文化を” テーマに9月16日(金)に開催されました。
開催前に先立ち、9月15日(木)にせんだんの里にて施設見学会を実施しました。

 

P1070693

 

 

P1070695

 

 

P1070673   P1070708

 

 

 

 

 

平成28年度仙台市長感謝状受賞者および仙台市社会福祉協議会長表彰受賞者について(お知らせ)

平成28年度仙台市長感謝状受賞者および仙台市社会福祉協議会長表彰受賞者について

長年、社会福祉分野で勤続している職員に対し、仙台市長ならびに仙台市社会福祉協議会会長より、感謝状が贈呈されました。

 

表彰者(せんだんの里勤務者)は、下記の通りです。

 

仙台市長感謝状受賞者

 

叶裕子さん、佐久間チヨコさん、又城淳子さん、後藤素子さん 室井弘三さん、本田則子さん、

千田佳代子さん、及川香織さん 菅原哲也さん、早坂昌記さん、渡邊胤晴さん、伊藤台斉さん

大川啓悟さん、佐々木哲也さん、堺可奈さん、阿部真弓さん 浅田哲夫さん   計17名

 

仙台市社会福祉協議会長表彰受賞者

 

菊地真純さん、相原清伸さん、昆芳美さん、高橋久子さん 熊谷信一さん、石井千恵子さん、

高橋浩さん  計7名

 

下記の日程で表彰式典を予定していましたが、台風のため中止となりました。

表彰式典:日時 28年8月30日(火) 午後1時~4時

会場  :仙台市民会館 大ホール

 
表彰式典が中止のため、せんだんの里内にて9月14日に表彰式を行いました。

 

 

表彰された職員の皆様、日頃からご尽力をいただき、感謝です。ありがとうございます。

これだけ数多くの職員が表彰され、誇りに思います。

 

 

CIMG3768  CIMG3769

 

CIMG3770  CIMG3771

 

CIMG3772  CIMG3773

 

CIMG3774  CIMG3775

 

CIMG3776  CIMG3777

 

CIMG3778  CIMG3779

 

CIMG3780

 

大切な仲間です。一緒に働くことができ、うれしいです。

これからもよろしくです。

 

 

 

せんだんの里『秋祭り』へのお誘い

毎年開催しております、せんだんの里『秋祭り』を開催いたします。

詳細は、下記をご覧ください。

a

『まちの音楽カフェ♪』へのお誘い

認知症を学び、専門職や地域の方と出会う場所として、 『まちの音楽カフェ♪』を開催致します。

是非お気軽にご来店ください。

 

m1

せんだんの里だより9月号

皆様、こんにちは!地域の皆様へ、暮らしに役立つ情報などをお伝えしていきたいと思います。

 

d1 d2

(画像をクリックすると拡大表示されます)

 

地域向け企画『たまねぎ染め』の開催について

8月18日(木)に、国見ヶ丘3丁目デイサービスにて「たまねぎ染め」を開催しました。お便りでの呼び掛けにより、地域の方一名と、利用者様のご家族様1名が参加して下さいました。利用者様10名、お客様2名、職員4名の、計16名での実施となりました。

無地のストールとハンカチに、ビー玉やおはじきを輪ゴムでくくり付けたり…玉ねぎの皮から色を煮出し、そこへストールとハンカチを入れたり…ミョウバン液に、ストールとハンカチを浸けて色が変わる瞬間は、とても珍しかったようで、皆さん驚きながらも喜ばれていらっしゃいました。1人ひとり違う模様で、個性が感じられるたまねぎ染めが出来ました。

 

模様を付けたい場所へビー玉やおはじきをくくりつけます。

あ

 

ざるいっぱいの玉ねぎの皮!たっぷり使いました!

2

 

10

 

5

 

8

20分ほど煮出して、こして・・・こんないろになりました ♪

 

6

 

7

煮出した玉ねぎの液へ、ストール&ハンカチ投入!

 

9

しっかり色が入ったところで、今度はミョウバンの液へ移し替えます

 

10

ミョウバンで色を落ちにくくし定着させます

 

11

ざぶざぶ水洗いします

 

12

ビー玉を外して・・・どんな模様ができあがったのか楽しみです

 

【ビフォー】

 

14

 

【アフター】

17 15

完成です!

 

18

オリジナルの素敵な作品ができあがりました♪

 

 

8月開催『まちの音楽カフェ♪』のご報告

8月23日(火)に『まちの音楽カフェ♪』が、貝ケ森の市民センターで開催されました。認知症を学び、専門職と地域の方との出会う場所として、昨年の12月にスタートした『まちの音楽カフェ♪』 今回で9回目の開催となりました。

P1070613

今回の『まちの音楽カフェ♪』のメニューは・・・

講話『介護が必要になっても家で暮らし続けるために必要なこと』

講師:石附 敬さん

東北福祉大学 総合福祉学部 講師

P1070627

『介護の問題は誰にも起こりうるものです。』と、始まった石附さんのお話は、参加されている方々も、明日は我が身という感じで、真剣に耳を傾けていました。

そして、将来介護する側・介護される側をイメージし、それぞれの今置かれている立場からの『介護』について、皆様考えているご様子でした。

実際、介護を受ける立場になった時に、介護を受けたい場所の希望と現実の差や介護が必要になっても家で暮らし続けるために大切なことは何か等、わかりやすくお話下さいました。

この機会に、皆様も『介護』について考えてみませんか?

『いつ起こるかわからないから、起こってから考えればいいや~』と思っている方が大半かもしれません。

子供達には、面倒をかけたくない・・・

長男だから面倒をみてくれるだろう・・・

それぞれ皆様の思いもあると思います。

しかし、それを声に出して伝えてみましたか?何事も、伝えることが大切です。

親の立場では、子供達に面倒をかけたくないと思っていても、子の立場では、親の面倒をみたいと思っているかもしれません。

長男だから面倒をみてくれるだろうと思っていても、仕事の関係で親の面倒がみれないということもあるかもしれません。

思っているだけでは、何も伝わりません。

介護問題が起こる前に、素直にお互いの思いを伝えてみませんか?また、介護問題が起こっていても、お互いの気持ちを共有することはとても大切なことです。また、介護について身近に相談できる相手がいない場合は、ぜひ『まちの音楽カフェ』へ足をお運び下さい。せんだんの里でもご相談を受け付けております。その他、地域包括支援センター等の相談機関をご活用下さい。

 

 カフェタイム 

毎回、焙煎にこだわった美味しいコーヒーや紅茶・お茶と一緒にクッキーを楽しんで頂いている『まちの音楽カフェ♪』

今回は、中山商店街入口のお店“cake Nao”のクッキーを召し上がって頂きました。

毎回、月替わりで近郊のケーキ屋さんにクッキーをお願いしています。

初めての参加でも、クッキーのお話から、話が弾むことも・・・

参加を迷っていましたら、ぜひ一度ご参加下さい。

P1070636

 

 

✩マンドリンよる音楽調べ✩

演奏者 田原 靖彦さん

P1070640 P1070645

 

赤とんぼから始まった、マンドリンの演奏

どこか懐かしいような優しい音色で、皆様口ずさみながら聴き入ってました。

日本の歌~ポピュラー(映画音楽・ラテン・シャンソン)~クラシックと7曲演奏して下さり、アンコールも2曲と、とても聴き応えのある演奏でした。

 

9月に入り、台風の影響や寒暖の差があり、体調を崩しやすい時期です。十分に注意して下さいね。

元気に『まちの音楽カフェ』に皆様がご参加頂くことを楽しみにしています。

次回もたくさんの皆様が足を運んで下さることを、願っています。

 

 次回は、9月29日(木)13時30分~15時頃

貝ヶ森市民センター

参加費は無料です。

《メニュー》

 フルートとピアノによる音楽の調べ

 講話『運動と認知症予防について』

 

この音楽カフェの企画は、貝ケ森地区社会福祉協議会・国見地区民生委員兒童委員(貝ケ森地区担当民生委員)・貝ケ森地区連合町内会・(社福)東北福祉会せんだんの里が企画しました。

 

問い合わせ先:せんだんの里 022(303)7552 (担当:叶・寺内)