愛は地球を救う

 

このたび、24時間テレビ37「愛は地球を救う」の福祉支援事業より福祉車両を贈呈いただくこととなりました。

3月12日に副施設長と出席した贈呈式の模様を報告させていただきます。



会場は、日の出町にある宮城テレビ放送本社。

ミヤテレ





















式の司会は、県民的情報番組「OH!バンデス」でMCを務める鈴木沙喜代アナウンサーです。テレビで拝見する以上に、とてもかわいらしい素敵な方でした。一緒に写真を撮ってもらえばよかった・・・。


式は30分ほどで終了しましたが、伊藤社長の「皆様の心のこもった運用が人々の力になる」といったお話に、深く感銘を受けるとともに贈呈いただく責任を感じました。

式















今回贈呈いただいた車両はトヨタのノアです。


ノア (修正)



車いすの方が、車いすのまま二人乗れるタイプの車両です。乗る方だけでなく、介助する私たち職員の使いやすさまで追求したつくりには、とても驚きました。
この車でドライブや買い物に出かける、楽しそうな利用者の皆さんの笑顔が目に浮かびます。



 ノア2(修正) 

  














以上、簡単ではありますが24時間テレビ37「愛は地球を救う」福祉車両贈呈式の報告でした。


24時間テレビの皆様、宮城テレビの皆様、そして何より募金をいただいたたくさんの皆様、本当にありがとうございました。


大切に運用し、一人でも多くの方のお力になることで、皆様の想いに応えていけるよう精進してまいります。




24時間テレビ37 
テーマ「小さなキセキ、大きなキセキ」
寄付金総額        9億3,695万5,640円
番組開始累計総額 348億1,059万2,095円