2016認知症介護セミナーのお知らせ

毎年開催し、多くの方にご参加いただいております「認知症介護セミナー」を、下記日程で開催いたします。

今年は、日本人で初めてパーソン・センタード・ケアの教育資格を与えられ、現在、認定トレーナーとして活躍しております、いまいせ心療センターの水野裕副センター長をお招きし、「パーソン・センタード・ケアの真の意味」と題し、講演いただきます。

🙄 パーソン・センタード・ケアって!? 🙄

パーソン・センタード・ケアとは、その人を取り巻く人々や社会とかかわりをもち、
人として受け入れられ、尊重されていると、本人が実感できるように、ともに行って
いくケアのことを言います。

また、認知症介護指導者お二人をお招きし、「認知症カフェ」や「人財育成と確保」についてご講演いただきますので、認知症介護に対する理解を深める機会として、ぜひご来場ください!

日 時:平成28年10月17日(月) 10:30~16:20
場 所:仙台市太白区文化センター楽楽楽ホール(仙台市太白区長町5-3-2)

※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

交 通:JR東北本線「長町」駅より徒歩2分

仙台市地下鉄南北線「長町」駅より徒歩1分 セミナーチラシセミナーパンフレット

申込み方法

1.FAXでの申込み

 「参加申込書」はこちらからダウンロードしてご利用ください。 セミナーチラシセミナー申込書

 「参加申込書」をダウンロードし必要事項を記入の上、FAXにて送信してください。

 (FAX送信先:022-303-7570)

2.メールでの申込み

 メールの表題を「介護セミナー申込み」として、「氏名」、「住所」、「電話番号」、「職業(勤務先)」、

 「認知症ケア専門士の有無」を記載し、kaigo2016@dcnet.gr.jpまで送信してください。

申込締切日:平成28年10月7日(金)

  ※参加には、事前申し込みが必要となります。定員を超えた場合はお断りする方のみご連絡いたします。
※日本認知症ケア学会認定資格「認知症ケア専門士」単位3単位が加算されます。
 (ただし、第Ⅰ部もしくは第Ⅱ部のみの参加では加算されません。)

お問合せ先

社会福祉法人東北福祉会 認知症介護研究・研修仙台センター

TEL:022-303-7550 FAX:022-303-7570     担当:鈴木

 

せんだんの杜「子ども参観日」を開催しました!

平成28年8月5日(金)せんだんの杜としては初めて「子ども参観日」を開催し、

せんだんの杜で働く職員の子どもたちが夏休みにたくさん集まってくれました👧👦

 

IMG_8056

せんだんの杜職員の子どもたち

 

一番小さい子は1歳から中学生まで、子ども13名と奥様1名が参加してくれました!

とてもにぎやかであり、そして職員の子どもたち同士の“出会い”という貴重な機会の

参観日となりました。

 

福祉の仕事ってどんなこと?

普段はお父さんやお母さんから話に聞いている杜のこと。

お休みの日などに、ときどき一緒に訪れるけど、あまり詳しく知らなかった杜のこと。

「ふくし(福祉)」ってどのようなお仕事なのか?

私たちの仕事のことを、初めて子どもたちに分かりやすく学んでもらいました。

 

学び2人気キャラクターによる映像で・・・

 

学び1楽しくも、みんな真剣に学んでくれました!

 

PPに興味はじめて見るプロジェクターに興味深々🎥

 

杜・盛り探検クイズへ出発!

さあ、いよいよ施設内を探検に行きます。

子どもたちには、せんだんの杜のどこかに7つの問題が隠れていることを伝え、

ヒントの書かれた地図を手に持ち、仲間たちと自由に探検へ出発しました!

 

探検1探検3クイズはどこ?

お互いに協力し合いクイズのある場所を探します。お約束☞走ってはダメだよ。

 

探検2あった!・・・でも難しいな。おばあちゃん教えて!

子どもたちを喜ばそうとアフロヘアの職員も登場。以前も杜のブログに登場した

謎のマジシャンでしたが、クイズに夢中な子どもたちはあまり関心を示さず・・・。

ちょっと残念でしたね 😥

でも、そのあたたかい気持ちはとてもありがたかったです!ありがとう💕

 

探検6小さい子は中学生のお姉さんがサポートします!

 

探検5「お父さんの働いているところ?」「そうだよ!」

お父さんの働いている場を見て、一緒に働く仲間と一緒に過ごしているお年寄りと出会いました。

「あんたのお父さんは立派だよ!」とお年寄りから声を掛けてもらって嬉しそうな顔に。

お父さんはちょっと誇らしげに・・・。

 

僕の娘です僕の娘です(〃´∪`〃)ゞ

娘さんを連れて職員も一緒にまわります。

会う人、会う人に娘さんを満面の笑顔で紹介していました。

終始、鼻の下は伸びきっていましたよ~🌻

 

医務室あめ「医務室にはアメがあるんだ~」🍬

周りの職員も、いつも職員間では話題に出ている子どもたちに実際に会うと、

妙な親近感があり、何とも嬉しい気持ちになりました。ついついご褒美を・・・🍬

子どもたちも、そんな温かいおもてなしを喜んでいました。

 

お楽しみもありました🎁

探検ゲームが終わると、子どもたちには「子ども参観日認定証」が授与され、

たくさんのプレゼントがありました!せんだんの杜から図書カード等の贈りものと、

日頃から関わりのある企業から多くのご協力をいただきました。

 

◎ウジエスーパー中山店様  ・・・子どもの大好きな飲み物🍹

◎株式会社 東北フレーベル様・・・折り紙、工作用紙、ノート📓

◎東京エレクトロン様    ・・・お菓子、ボールペン、えんぴつ✎

 

子どもの年代に合わせたプレゼント。「やった~!」と歓喜の声があがりました。

みんなで撮った集合写真とともに、子どもたちにとってはとて楽しい夏休みの

思い出となりました。

 

がんばりました1がんばりました2がんばりました12

がんばりました4がんばりました5がんばりました6

がんばりました7がんばりました8がんばりました9

がんばりました10がんばりました11がんばりました3

 

「ふくし」の仕事はとても大切な、誰にとっても必要なものですが、私たち職員は

それを自分の子どもに「大切なお仕事だよ」とは言っていても、なかなか具体的に

伝えられずにいたかもしれません。

今回の「子ども参観日」を通じて、子どもの目線で親の働く職場を見てもらい、

雰囲気を感じてもらい、ともに暮らす人たちとの優しい関わりを体験し、

どれほど尊い学びの機会となったことでしょう。

そして、せんだんの杜で働く職員を、福祉の仕事を、誇りに感じてくれるきっかけと

なったとすれば、私たちは心から嬉しく思います。

私たち職員も家族に支えられてこその仕事です。

これからも、このような機会を多くもっていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

親子見学ツアー ~夏休み編~

親子見学ツアー~夏休み編~ 🙂

平成28年8月4日(木)に開催し、仙台市内の親子5家族11名が参加されました。

 

せんだんの里集合(10時)

社会福祉法人東北福祉会 中里統括施設長より挨拶

P1070418

せんだんの杜保育園(10時15分)

当日は、せんだんの杜保育園、園児よりスズメ踊りの披露

せんだんの杜保育園 金野園長からのクイズ等々 😛

P1070431

 

P1070429    P1070424

 

P1070445    P1070446

 

参加者からの感想

😉 小学生 😉

●保育園のことをいろいろと知れました。

●保育園の資格が知れてよかった。

●親と参加することができた。
😉 保護者 😉

●親子で福祉について学べるのは、良いと思います。

●子どもと一緒に学べるところ等。

 

社会福祉法人 仙台手をつなぐ育成会 工房しらかば(11時10分)

早坂施設長 相澤主任に対応して頂きました。

P1070449

 

P1070466  P1070465

 

おいしい自家製パンをごちそうになったり、はたおりなどを見学させていただきました。

P1070474  P1070479

参加者からの感想

😉 小学生 😉

●色々と上手に作っていた。

●パンがおいしかった。

 

😉 保護者 😉

●色々と仕事をしている場面をみて、感動を覚えました。

●福祉について、理解が深まった。

せんだんの館(12時10分)

せんだんの館佐藤管理栄養士より、昼食の説明(今回ソフト食2とソフト食3です。)

P1070495  P1070498

 

せんだんの館見学です。みんなで介護予防?    愛犬のモモちゃんです。今日イチの笑顔。 ありがとう。

P1070512  P1070535

参加者からの感想

😉 小学生 😉

●モモちゃんがかわいかった。

●色々と知れてよかった。
😉 保護者 😉

●とてもよい体験ができました。

 

せんだんの里(14時)

認知症サポーター養成講座開催

講師は、左奥よりせんだんの里

太田リーダー 管野係長 松田介護職員です。

P1070575   P1070544

 

P1070567   P1070546

 

参加者からの感想

😉 小学生 😉

●認知症のことを学べた。

●認知症のことを詳しく説明していたので、良かった。
😉 保護者 😉

●子供にわかり易く認知症について学ぶことができた。

 

最後にみんなで記念撮影

P1070597

 

 

参加していただいた、みなさまありがとうございました。感謝です。

少しでも福祉の魅力に触れて頂ければと思っての企画でした。いかがだったでしょうか?

また、次回も開催しますので、ぜひ足をお運びください。

 

 

せんだんの里だより8月号

皆様、こんにちは!地域の皆様へ、暮らしに役立つ情報などをお伝えしていきたいと思います。
 

里だより8月① 里だより8月②

(画像をクリックすると拡大表示されます)

『まちの音楽カフェ♪』へのお誘い

認知症を学び、専門職や地域の方と出会う場所として、 『まちの音楽カフェ♪』を開催致します。

是非お気軽にご来店ください。

 

matikahule 8

 

7月開催『まちの音楽カフェ♪』のご報告

 7月14日(木)に『まちの音楽カフェ♪』が、貝ケ森の市民センターで開催されました。

認知症を学び、専門職と地域の方との出会う場所として、昨年の12月にスタートした『まちの音楽カフェ♪』

今回で8回目の開催となりました。

P1070351

今回の『まちの音楽カフェ♪』のメニューは・・・

講話『認知症と口腔ケア』

講師:片桐 美由紀さん(せんだんの里 歯科衛生士)

P1070365

認知症と口腔ケアってどんな関係があるのかしら?と会場の皆様も、片桐さんのお話に一生懸命耳を傾けていました。

 

『噛むことで脳が活性化!』これは、認知症の予防にもつながるかもしれません。

 

噛むことはもちろんですが、口腔ケアの大切さも皆さん再確認されていたようでした。

最後に、お口の健康度チェックをおこない、『おいしく食べ・楽しく話し、笑顔あふれる生活が送れるよう

口腔ケアを強化しましょう!』と、笑顔で皆さんに伝えていた片桐さん

 

『まちの音楽カフェ♪』も参加することで、いつまでも皆さんが元気で過ごせるような、心の栄養になればと思っております。

 

カフェタイム

毎回、焙煎にこだわった美味しいコーヒーや紅茶・お茶と一緒にクッキーを楽しんで頂いている『まちの音楽カフェ♪』

今回は、国見ケ丘のお店“ケーキ館 三銃士”のクッキーを召し上がって頂きました。

毎回、『今回はどこのお菓子?』と楽しみされている方も多く、そこから、お話が進むことも・・・

初めての参加でも、楽しく過ごして頂けます。参加を迷っていましたら、ぜひ一度ご参加下さい。

P1070363

 

ヴィオラとヴァイオリンによる音楽調べ

演奏者 吉田 和久さん

P1070379 P1070388

ヴィオラとヴァイオリンを曲に合わせて、使い分け演奏して下さり、2度美味しい演奏会となりました。

ヴァイオリンで演奏された『情熱大陸』は、聴いてる皆さんもどことなく体でリズムをとっているようでした。

毎日暑い日が続いていますが、こまめな水分補給と休息をしっかりとり、熱中症に注意して下さいね♡

 

次回もたくさんの皆様が足を運んで下さることを、願っています。

 

次回は、8月23日(火)13時30分~15時頃

貝ヶ森市民センター

参加費は無料です。

《メニュー》

 マンドリンによる音楽の調べ

 講話『介護が必要になっても家で暮らし続けるために必要なこと』

 

この音楽カフェの企画は、貝ケ森地区社会福祉協議会・国見地区民生委員兒童委員(貝ケ森地区担当民生委員)・貝ケ森地区連合町内会・(社福)東北福祉会せんだんの里が企画しました。

 

 

問い合わせ先:せんだんの里 022(303)7552 (担当:叶・寺内)

 

介護食料理教室についての報告

 

はじめに

介護料理教室せんだんの里「介護料理教室」は、自宅で簡単に軟らかく飲み込みやすい形状に料理したお食事を調理し、また同じ食材を使って家族が一緒に楽しめる献立にアレンジしたものです。

 

日時:平成28年7月7日(木) 10時~12時

場所:吉成市民センター調理室

参加者:地域の皆さま5名 せんだんの里職員8名

内容:季節の食材 ズッキーニを使った3品&デザート

P1070253

 

 

P1070286

 

出来あがり !

本日のメニュー

・ズッキーニのピカタ (ふつう)

・ズッキーニのラタトゥイユ(軟らかめ)

・ズッキーニのスープ(スープ状)

・フルーツカクテル(軟らかめ)

 

P1070302

 

P1070308

参加者より

あまり自宅で使用しない食材で3品もまなべてよかった。

いつも楽しく参加させていただき、自宅でも好評です。

皆さまも是非、参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成28年熊本地震「義援金」のお礼と第2回報告

「平成28年熊本地震」におきまして、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災されました方々に、あらためて心よりお見舞いを申し上げます。

「せんだんの杜」特別養護老人ホームリベラ荘の1F受付カウンターに設置しておりました、平成28年熊本地震義援金募金箱に、4月28日(水)午後12時から7月31日(日)までの間に皆様からお寄せいただきました義援金の総額は金5,055円となりました。

また第1回(発災から4月28日午前まで)と合わせて募金総額は、金138,674円となりました。数多くの皆様からの温かいお気持ちとご支援に、重ねて心より深く感謝申し上げます。

1.せんだんの杜からの資金支援第二弾は、社会福祉法人東北福祉会名義により、南阿蘇村に対して、被災地・被災者支援のための寄附金として送金いたしますので、ご報告申し上げます。

2.せんだんの杜からの人的支援については、7月26日付け記事をご覧ください。

平成28年8月4日

せんだんの杜総合施設長

ボランティア体験会 実施中です

当法人では、福祉に興味・関心のある方や、福祉の仕事に興味・関心、また、福祉の仕事への理解を深めて頂くために、7月15日から11月30日までの期間でボランティア体験会を実施しております。

ご参加を希望される方は、上記期間内で1~3日間、10時から16時までの間のご都合の良い時間で

ご参加頂けます。※見学のみの受付けもしております。

 

今回は、せんだんの杜ものうでの体験会に参加された高校生の活動状況を報告いたします。

8月3日(水)10時から15時まで、高校生2名が参加されました。

活動内容は、入居者の方のお話し相手、昼食の配膳、施設見学という内容でした。

IMG_24421

一生懸命入居者の方の話に耳を傾けてくれていました。そのお陰もあり入居者の方も嬉しそうに笑顔を見せてくれております。

IMG_24431

こちらでは、初めてのお会いする方へ笑顔で自己紹介されています。慣れない中でも笑顔を忘れず、丁寧にお話されていました。

 

お昼ごはんの時には、介護職員に教えられながら、配膳の体験です。お膳をお渡しする際に献立の内容を伝えるだけでなく、「どうぞ、たくさん召し上がって下さい」などと優しい言葉をかけてくれていました。その一言に入居者の方も食欲がわき、美味しそうに召し上がっておられました。改めて言葉の大切さを我々も確認することができました。

IMG_24451

IMG_24461

 

現在、せんだんの杜ものうでは今回の2名の他に高校生2名、一般の方1名の計5名の方が体験会へ参加および参加予定となっております。

是非、多くの方へご参加頂き、福祉のことや、福祉の仕事等へ興味・関心を持って頂ける方が増えていくことを願っております。我々もこの機会や出会いを大切にして、参加者の皆さんをしっかりとサポートしていきます。

福祉の仕事内容や施設の雰囲気が知りたい」・「資格は取得したが、不安がある」・「趣味や特技を活かしたい」とお考えをお持ちの方へ特にお勧めかな?と考えております。参加をご希望される方は、法人本部または各事業所(せんだんの杜・せんだんの杜ものう・せんだんの里・せんだんの館)までご連絡頂ければと思います。

多くの皆様からのご連絡をお待ちしております 😀

 

せんだんの杜「午後の音楽cafe」(認知症カフェ)へようこそ! その9

南吉成交番の所長・櫻井敬次郎さんによる「ものわすれの話」🎤

 

講話:櫻井敬次郎さん12南吉成交番:所長 櫻井敬次郎さん

 

せんだんの杜の近くにある南吉成交番より所長の櫻井敬次郎さんに来ていただきました。

今回の講話は、吉成・国見ケ丘の地域における高齢者の交通事故と「オレオレ詐欺」などの

特殊詐欺についての内容でした。

交通事故については、仙台北環状線の2ヵ所(南吉成ヨークタウン前の交差点、スーパービッグ前の

交差点)で多発しており、要因は高齢者の信号の見落としによるものがとても多いため、自動車の

運転のみならず、自転車や歩行の際にも信号をよく見て横断することが大切とのとのことでした。

「家に帰ったらお孫さんにも注意を呼び掛けてほしい」とも。皆さん大きくうなずいていました。

 

「オレオレ詐欺」についてはTVなどでも被害の実態が報道されていますが、日々、手口が巧妙に

なってきているそうです。「前もって下調べしている高齢者のお宅に狙いを定めており、子や孫に

なりすまして近くのコンビニへ誘い出し、ATMの前で電話による指示にて振り込み手続きを進めていく。

ここまでは今までの手口と同じ。今はコンビニ店員も高齢者がATM前で電話をかけながら操作をして

いると『大丈夫ですか?』と声を掛け、振り込め詐欺を防ぐ対策を取っているため、それに対抗する

犯人は複数で実行するケースが多く、外から店を観察していたもう一人の犯人がコンビニへ電話をかけ

『今朝、お宅で買ったおにぎりに髪の毛が入っていた!』などとのクレーム電話を入れる。そうすると

店員はクレーム対応に掛かりきりとなるため、ATM操作をしている高齢者は振り込みの手続きを

済ませてしまう・・・。そんな手口になってきている。」との巧妙な手口の実態に驚きました。

そして「昨年度の宮城県の被害は10億円、仙台北警察署管内では約1億円」との被害金額の大きさに

会場からはざわめきが・・・。「犯行の際には自宅前や近所に車が駐車しており、電話をかけている

犯人の姿があることが多いため、日ごろから注意しておくことと、『怪しいかな』と感じたら町内の

役員さんや民生委員さん、臆せずに交番へ相談してほしい。いいお付き合いをしておきましょう。」との

心強い助言をいただきました。地域ぐるみで特殊詐欺を撲滅していきたいものです!

 

講話:櫻井敬次郎さん22メモを取りながら皆さん真剣に・・・✏

 

 

ミニコンサートは大正琴「ほっと・ハーモニー」が初登場 🎶

「午後の音楽café」としては初めての演奏となる大正琴です!

国見ケ丘の集会所で大正琴の教室を開催していたご縁から今回のコンサートへつながりました。

大正琴「ほっと・ハーモニー」の佐藤よしみさん&千葉京子さんによる演奏は、どこか懐かしく、

誰にでもなじみのある、まさしく“ほっと”するようなやさしい音色でした。

 

演奏:第1部大正琴21佐藤よしみさん(右)&千葉京子さん(左)

 

「函館の女」から始まり、「恋のフーガ」「すみれの花咲く頃に」「川の流れのように」などの

自然に口ずさむことのできるなじみの曲が多く、「仲良し小道」「バラが咲いた」の2曲では

会場のみなさんと一緒に歌いました♫ 以前は声楽をやってらしたという佐藤よしみさんによる

「りんごのひとりごと」「赤い花 白い花」の歌&大正琴も聴かせていただき、曲のなかの

赤い花🌹と白い花🌼は、最後にはお客様へ素敵なプレゼントとなりました🎁

 

佐藤さん&千葉さん1ありがとうございました!

 

大正琴1

大正琴のソプラノ(右奥)とアルト(左手前)。本来はベースもあるそうです(プチ情報)

 

 

「午後の音楽Cafe」下半期のスケジュールが決まりました!!

9月15日(木)、10月18日(火)、11月17日(木)

12月20日(火)、1月19日(木)、2月21日(火)、3月16日(木)

◎時間は13時30分から15時30分

工房しらかばのお菓子午後のひと時を美味しいコーヒー&手作りお菓子で

 

◎場所はせんだんの杜、1階デイサービスフロアーにて

杜のツツジ⑫桜とつるし雛②会場の雰囲気③

 

◎内容は、ものわすれの話(講話)&ミニコンサート&テーブルでのフリートーク

佐藤さん&櫻井所長&千葉さん2演奏者&講師のみなさん

 

◎相談&展示コーナーが常設されています

展示&相談コーナー認知症についての分かりやすい情報があります

 

◎せんだんの杜「午後の音楽café」は“ものわすれ”が気になる人や家族が専門職とつながり、

介護をしている人が“ものわすれ”についての理解を深め、これまで“ものわすれ”を気にしたことの

なかった人が“ものわすれ”を知る。そのような場になることを目指しています。

~つながろう・深めよう・ものわすれを知ろう~

 

◎申し込みは不要です。お気軽にお越しください!

 

「午後の音楽café」8月ちらし

日 時:平成28年8月30日(火)午後1時30分から午後3時30分まで

会 場:せんだんの杜(リベラ荘 1階デイサービスフロアー)

    仙台市青葉区国見ヶ丘7丁目141-9(仙台青陵中等高等学校向かい)

内 容:コーヒーやお菓子を楽しみながら…

     ①ミニコンサート(第1) うた&ピアノ
        宮城学院女子大学音楽リエゾンセンター 認定演奏員
          関本愛さん(メゾソプラノ)&伏見姿さん(ピアノ)
     ②ものわすれの話
        東北福祉大学 予防福祉健康増進推進室
          柏葉広志さん(健康運動指導士)
     ③フリートーク
     ④ミニコンサート(第2部) うた&ピアノ

参加費:無料(事前のお申し込みなどは必要ありません)

カフェ:無料メニュー コーヒー・緑茶・ほうじ茶・麦茶

    100円メニュー お菓子(クッキーなど)

主 催:吉成学区社会福祉協議会

    ボラネット杜の丘

    国見ヶ丘地域包括支援センター

    せんだんの杜