最新 「認知症カフェ」のご案内

地域の皆さまが、地域包括支援センターや介護施設・事業所などとともに開催している「認知症カフェ」をご案内しています。

♥  “人”と“人”がご縁を結べる場として、認知症の人ご本人やそのご家族、地域にお住いの皆さま、遠くにお住まいの皆さまなど誰でも集えるところが、「認知症カフェ」です。
♥ 「認知症カフェ」は、コーヒーやお茶、音楽やスポーツなどによる心地よい体験と、もの忘れや認知症に関する情報提供と相談などを専門職者に気軽にできるカフェです。


●「(公財)日本社会福祉弘済会」社会福祉助成事業により、せんだんの杜が作成した普及ツール私たちのまちに「認知症カフェ」をつくってみませんか?』 をぜひご利用ください。


「カレンダー」のスケジュールをクリックすると「時間帯」「会場」「お問い合わせ先」などが表示されます。
その中の(地図)をクリックすると、グーグルマップ上に場所が表示されます。(別ウィンドウ
また、「詳細」をクリックして「添付ファイル」があるときは、チラシなどをご覧いただけます。

● この「カレンダー」は、平成29年3月現在の情報をもとに作成しています。開催日時や会場が変更になることもありますので、必要なときは念のため事前に連絡先へお問い合わせください。

 (随時更新していますので、時々のぞいてくださいね 🙂

●「マップ」右上の[ ]をクリックすると拡大します。(別ウィンドウ)

 ●仙台市の「認知症カフェ・家族交流会の開催情報」はこちら(別ウィンドウ)

 ●仙台市の「認知症ケアパス」はこちら(別ウィンドウ)

(社福)東北福祉会が企画・運営に参画している「認知症カフェ」

「土曜の音楽カフェ♪」
東北福祉大学ステーションキャンパス3階「ステーションカフェ」にて
国見地区連合町内会、国見地区社会福祉協議会、国見地区民生委員児童委員協議会、(NPO)仙台傾聴の会、国見地域包括支援センター、仙台市、東北福祉大学、認知症介護研究・研修仙台センターなどが企画・運営。
「午後の音楽Cafe」
東北福祉会せんだんの杜「リベラ荘」にて
吉成学区社会福祉協議会、ボラネット杜の丘、国見ケ丘地域包括支援センター、せんだんの杜などが企画・運営。
「まちの音楽カフェ♪」
●「貝ケ森市民センター」または「せんだんの里」にて
貝ケ森地区社会協議会、国見地区民生委員児童委員協議会、貝ケ森地区連合町内会、貝ケ森赤十字奉仕団、国見地域包括支援センター、せんだんの里などが協働して開催。
「オレンジカフェすまいる」
●「Cafe HAMAYU(はまゆう)」または「北仙台コミュニティセンター」にて
双葉ケ丘地域包括支援センター、せんだんの館などが企画・運営。

介護職員初任者研修 平成29年度第2期課程 受講生募集のご案内

介護職員初任者研修を開講いたします。

〇期間 平成29年12月2日(土)~平成30年3月4日(日)

〇定員 20名

〇受講料 【一般】50,000円 【学生】30,000円 【高校生】10,000円 【採用予定者】無料

※受講料は税込金額です。

※受講料のほか、別途10,000円(税込)がかかります。

(テキスト代、資料等印刷代、実技講習代等)

〇研修募集案内(募集要領)は、こちらから→平成29年度_第2期課程募集要領(冬コース)

 

 

皆さまからの受講申し込みをお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

 

 

11月の「土曜の音楽カフェ♪」のお知らせです。

認知症を学び、専門職や地域の方と出会う場所 「土曜の音楽カフェ♪」11月開催のお知らせです。

いつも「土曜の音楽カフェ♪」にご参加いただきありがとうございます。


 

  前回(10/7)の「土曜の音楽カフェ♪」は「今さら聞けない健康の基本~すぐできること~」というテーマで、仙台元気塾の運動指導士、星さんからお話いただきました。

運動することは健康のためにいいことだ、というのはよく分かっていても、運動するきっかけがなかったり、始めても長続きしなかったり…。

でも、日常生活の中でちょっと工夫をするだけでも、いつもより体を動かすことができます。

例えば、スーパーに買い物に行った時。いつもはスーパーに入って、カゴを持って必要なものだけを買いますが、カゴに商品を入れる前に、スーパーを1周する、それを買い物のたびにやれば、いつもより歩いたことになります。無理に運動しなくても、そんな工夫の積み重ねで体を動かすことになります。座ったままの足あげなどの軽い運動もしながら、そんなお話をしていただきました。

 

次回のミニ講話のテーマは「「良い介護サービス」知っておかなければいけない理由」。

お話しいただくのは、国見地域包括支援センターの千葉万里子さんです。

ぜひ「土曜の音楽カフェ♪」にいらして、認知症や高齢化についてゆるやかに学び、音楽を聞きながら語り合いませんか?
また、地域の方、専門職の方との出会いの場でもあります。
純オランダ式のカフェタイムを体験しに来てください。

 日 時 : 平成29年11月4日(土) 13:30~15:15ごろ
       1部 13:30 カフェタイムと音楽
       2部 14:00 講話
         「良い介護サービス」知っておかなければいけない理由
                 千葉 万里子さん(国見地域包括支援センター)
       3部 14:30 カフェタイムと音楽
       4部 14:50 Q&Aとカフェタイム
場 所 : 東北福祉大前駅 ステーションカフェ(駅の目の前です)
参加費 : 無料(コーヒー、紅茶、お菓子を用意しました)

申し込み、予約は特にいりません。誰でも参加できます。

※公共交通機関をご利用ください。
※介護相談コーナーもあります。(介護者・ご本人大歓迎)
※見学も大歓迎です!(多数の場合は事前にお知らせください。)

 ♪東北福祉大学と仙台市の認知症対策推進協定(平成26年12月締結)の一環で開催されています。
♪♪認知症カフェは、国の認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)に位置付けられています。

詳しくは、チラシをご覧ください。
土曜カフェチラシ2017.6~

今後の予定:平成29年12月2日(土) 13:30~15:15ごろ
テーマ「落語の楽しみ~笑って許して~」 仙台ほでなす会

※いずれも、場所、時間は今回と同じです。

問合せ
認知症介護研究・研修仙台センター 連絡先 022-303-7550
(平日9:00~17:30)
国見地域包括支援センター     連絡先 022-727-8923
(平日9:00~17:30)

せんだんの杜「午後の音楽cafe」(認知症カフェ)へようこそ! 23

平成29年9月21日(木)に開催&おかげさまで2周年です🎉

ものわすれの話は仙台元気塾:木村大書さんです🏃

 

木村大書(もとふみ)さん

 

「東北福祉大学 予防福祉健康増進推進室 仙台元気塾 仙台駅東口キャンパス」より

健康運動指導士:木村大書さの講話です。

えっ、講話・・・?と、こちらの写真からはそのような印象があるかと思いますがお察し通り!

木村さんの軽快な装いのとおり、『楽しく&笑いながら&適度な運動&ためになる話』と

四拍子そろった、汗をかきながらホウレイ線の増えそうな、笑いにあふれたお話でした。

木村さんの “流ちょうな石巻弁” に、会場の雰囲気がほっこりしましたよ😊

 

「ものわすれの話」の合間に、椅子に座ったままできる運動を教わります。

太ももをスリスリ&トントン

 

始まった途端にみなさんも簡単に両手を動かします!

途中で左右の手をチェンジしても大丈夫。案外おなじみの運動なのですね。

「簡単にできるということは、頭の体操としては物足りません。

適度な刺激、ちょうど良い負荷が必要なのです。」と、次の運動へ。

 

前に出した手がパー、胸の前がグー

 

交互にする動作だけなら掛け声とともに難なくできましたが、

その次には前に出した手がグー、胸の前がパーと逆になり、

ちらほらと手が逆の現象が見え始めます・・・。あれ?

木村さんからは「出来るか、出来ないか、そんな位が適度な負荷になります。

ちょっと間違う位がちょうど良い運動となるので、みなさん得したわけですね」と

前向きに評価してもらいました・・・。

 

座ったまま足踏みして数字を数える

 

最初は1~20を数える。これは簡単。

次は5の倍数の時に手をたたく。これもまだ出来る。

その次は3の倍数の時に手をたたく。・・・途端にちょっとバラバラと・・・。

同じく3の倍数で手をたたき、今度はその数字を言わない。×××あはははは⤵⤵⤵

急に声が小さくなったり、3の倍数の数字が聞こえたり、最後はモゴモゴとしましたよ😪

「なんだか訳がわからなくなりましたね。間違わずに上手くできることが良いのではなく、

動き続けることで運動の要素、課題があることで頭にもいい刺激をあげる。

この二つの組み合わせが大事です。上手く出来たか、出来ないかではなく、

頑張ってやろうとすることが大切なのです。」とステキな要素を教えていただきました✨

『ちょっと頑張ってみよう!』と会場のみなさんからの声が聞こえてきました。

木村さんありがとうございました!!

 

ミニコンサートはピアノ&ギター🎸 ギター初登場です!!

山本直子さん(ピアノ千葉敏之さん(ギター)

山本直子さん&千葉俊之さん

 

2周年を迎えた「午後の音楽café」。

“音楽” という名のとおり、毎回ステキな音楽の生演奏を取り入れています。

ピアノ、フルート、マンドリン、ヴァイオリン、ヴィオラ、ドラム、チェロ、

チェンバロ、琴、大正琴、ソプラノ、メゾソプラノ・・・と、さまざまな演奏を

聴かせていただきましたが、唯一、ギター演奏が一度もなかったのです。

そこで、おなじみの演奏者の方にギターを演奏していただける方を紹介していただき、

今回のミニコンサートへのご縁をつなげていただきました!

 

ギターの優しい音色に癒されます・・・😌

 

山本直子さん千葉敏之さんによるミニコンサートは、

『ウィスキーが、お好きでしょ』『ミスティー』『オルフェのサンバ』

『スマイル』『いそしぎ』『オーバー ザ レインボー』『青葉城恋唄』などなど。

JAZZのスタンダードや映画音楽、仙台ゆかりの曲などを贅沢にたくさん盛り込んでいただき、

懐かしい時代へ想いを馳せるような、ゆったりとした優しいひと時となりました。

 

ピアノのソロは『What a wonderful world 』

 

合い間のトークでは曲についての説明だけでなく、お二人のお人柄にふれるひと時でもありました。

本物の音楽の生演奏による感動だけではなく、お客さまと演奏者の方とが身近に感じることができ、

カフェの雰囲気が一体となる、そんな「午後の音楽café」なのです。

 

笑顔もあふれます😊

 

山本直子さん千葉敏之さんすばらしい演奏をありがとうございました♪♫♪♫

 

これからの予定です🍀

平成29年10月17日(火)、11月16日(木)、12月19日(火)

平成30年1月18日(木)、2月20日(火)、3月15日(木)

申し込みは不要です。どなたでも自由にご参加ください☕

 

認知症に関する情報があります📚

 

おいしい手作クッキーもあります🍪

 

「午後の音楽café」へいらしてみませんか?

 

午後の音楽café 10月チラシ

 

日 時:平成29年10月17日(火)午後1時30分から午後3時30分まで

会 場:せんだんの杜(リベラ荘 1階デイサービスフロアー)

    仙台市青葉区国見ヶ丘7丁目141-9(仙台青陵中等高等学校向かい)

内 容:コーヒーやお菓子を楽しみながら…

     ①ミニコンサート(第1部) ヴィオラ&ピアノ

       吉田和久さん(ヴィオラ)&福村麻矢さん(ピアノ)

     ②ものわすれの話

       栗原千鶴さん(薬剤師) / けやき薬局 吉成台店

     ③フリートーク
     ④ミニコンサート(第2部) ヴィオラ&ピアノ

参加費:無料(事前のお申し込みなどは必要ありません)

カフェ:無料メニュー コーヒー・緑茶・ほうじ茶・麦茶

    100円メニュー お菓子(クッキーなど)

主 催:吉成学区社会福祉協議会

    ボラ・ネット「杜の丘」

    国見ヶ丘地域包括支援センター

    せんだんの杜

 

 

 

 

 

 

 

平成29年度第4回職員採用試験のお知らせ

■このたび、「新規学卒予定者」及び「転職希望等の既卒者」の皆様を対象とした、職員の採用試験を行います。

職員採用試験のご案内

◆募集内容

(1)募集対象

①平成30年3月卒業予定者(新規学卒者)

②平成29年3月以前卒業者(既卒者)

(2)募集職種/募集人数

①介護職員/5人

②保育士/3人

③障がい福祉サービス従事者/1人

④相談員/1人

◆採用試験

(1)募集期間(エントリー期間)

平成29年10月2日(月)から11月9日(木)まで。

(2)採用試験実施日時等

①試験期日:平成29年11月11日(土)

②試験会場(都合のよい試験会場をお選びください。)

○仙台会場:認知症介護研究・研修仙台センター講義室(仙台市青葉区国見ケ丘6-149-1)

○石巻会場:せんだんの杜ものう会議室(石巻市桃生町中津山字八木46-3)

③試験内容:論述試験、面接試験

(3)試験スケジュール

12時30分~13時00分 受付

13時00分~13時10分 オリエンテーション

13時10分~14時00分 論述試験

14時00分~14時30分 施設見学(希望者のみ)

14時40分~ 面接試験

◆説明会・見学会

下記の日程で、職場説明会並びに採用試験に関する説明、および施設見学会を行います。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

参加を希望される方は、下記問い合わせ先へご連絡ください。

なお、この説明会、見学会へ参加をしなくても採用試験を受験することはできます。

また、下記日程のご都合が合わない場合は、随時説明会および見学会を行いますので、ご連絡ください。

1.10月11日(水)16時~17時 せんだんの杜/せんだんの杜ものう

2.10月18日(水)16時~17時 せんだんの里/せんだんの杜ものう

3.10月25日(水)16時~17時 せんだんの館/せんだんの杜ものう

4.11月 1日(水)16時~17時 せんだんの杜/せんだんの杜ものう

5.11月 8日(水)16時~17時 せんだんの里/せんだんの杜ものう

◆応募方法

(1)「履歴書」へ「希望する職種」を明記し、「資格証(写)」もしくは「資格(取得見込)証明書」、並びに「成績(見込)証明書」、「卒業(見込)証明書」を添付のうえ、下記住所へ郵送でお送りください。

(2)マイナビからエントリーをしていただくか、電話またはメールにて、採用試験の受験を希望する意思をご連絡ください。試験日当日に、「履歴書」へ「希望する職種」を明記し、「資格証(写)」もしくは「資格(取得見込)証明書」、並びに「成績(見込)証明書」、「卒業(見込)証明書」をご持参ください。

◆合否結果通知

採用試験を受けられた方全員に、文書にて通知いたします。平成29年11月17日(金)に発送予定です。

◆上記の他、詳細は下記の職員募集要項をご覧ください。

■資料_職員募集要項(H29年度4回目)

◆問い合わせ先・履歴書等送付先

社会福祉法人東北福祉会 法人本部事務局(担当:野田・山下)

〒989-3201

仙台市青葉区国見ケ丘6丁目149-1

TEL(022)303-0086

FAX(022)208-7600

E-mail.t-honbu@sendan.or.jp

●●携帯サイトはこちらです

アドレス http://www.sendan.or.jp/m/

QRコードアドレス
QRcode_携帯サイト

一般事業主行動計画 =職員の仕事と家庭の両立支援への取り組み=

当法人では、次世代育成対策推進法第12条に規定する「一般事業主行動計画」を策定し、これを実践することで、職員の仕事と家庭の両立支援に取り組んでいます。

◇計画期間 平成29年9月1日から平成32年8月31日まで

◇内容

・目標1 出産立会休暇の有給休暇化

<対策>

①平成29年9月~  対象となる男性職員の状況調査

②平成29年12月~ 出産立会休暇の救急休暇化

③平成30年1月~  対象となる男性職員への周知と取得にむけての働き

かけを行い、計画期間内の取得人数の目標を3人以

上とする

 

・目標2 男性育児休業取得の向上

<対策>

①平成29年9月~ 対象となる男性職員の状況把握

②平成30年1月~ 対象者に対して積極的な働きかけを行う

③平成30年4月~ 男性育児休業取得者の利用拡大を図り、計画期間内

の取得人数の目標を2人以上とする

 

・目標3 リフレッシュ休暇制度の導入検討

<対策>

①平成29年9月~  リフレッシュ休暇制度の導入に向けた検討を開始

②平成30年4月~  リフレッシュ休暇制度の試行的実施とその検証

③平成30年10月~ 上記②の検証結果を受け、導入の可否を検討

④平成31年1月~  【導入可の場合】

リフレッシュ休暇制度の取得に向けての働きか

けを行う

【導入否の場合】

一般事業主行動計画の内容変更について検討

 

・目標4 ノー残業デイの導入

<対策>

①平成29年9月~  各拠点における取り組み状況の確認

②平成30年4月~  法人全体での取り組みに向けた検討開始

③平成30年9月~  ノー残業デイの導入と周知

 

・目標5 就業体験等による雇用の企画の拡大

<対策>

①平成29年9月~ 就業体験のあり方、広報のしかた等について検討

②平成30年4月~ 就業体験事業の周知、募集の開始

③平成30年9月~ 就業体験等体験事業の実施、就業体験等等事業をとお

した雇用

せんだんの里だより9月号

皆様、こんにちは!地域の皆様へ、暮らしに役立つ情報などをお伝えしていきたいと思います。

『まちの音楽カフェ♪』へのお誘い

認知症を学び、専門職や地域の方と出会う場所として、 『まちの音楽カフェ♪』を開催致します。

是非お気軽にご来店ください。

 

10月の「土曜の音楽カフェ♪」のお知らせです。

認知症を学び、専門職や地域の方と出会う場所 「土曜の音楽カフェ♪」10月開催のお知らせです。

いつも「土曜の音楽カフェ♪」にご参加いただきありがとうございます。

前回(9/2)の「土曜の音楽カフェ♪」のミニ講話のテーマは「認知症の当事者からのお話」。

認知症の当事者の方からお話をしていただく予定でしたが、残念ながらご本人が体調を崩されてしまい参加されませんでしたが、支援者の方おふたりからご本人のメッセージをお聞きしました。

特別養護老人ホームに勤務されていて、認知症を発症されてからも仕事を続けていらっしゃいます。

仕事をしていく上での工夫や、前向きになるようにという思いとなれない思い・・・。

心の葛藤についてもお話いただきました。

 

ご本人の思い、みなさんしっかり受け止めて聞いていました。

 

今回も、ボランティアのみなさんのおいしいコーヒーで、カフェはスタート。

コーヒーのいい香りが漂う中、皆さんのお話も弾みます。

そして、アマビーレギターの演奏♪♪♪ いつもすてきな演奏をありがとうございます。

 

さて、次回の「土曜の音楽カフェ♪」は、10/7(土)です。

ミニ講話のテーマは「今さら聞けない健康の基本~すぐできること~」です。
仙台元気塾の方からお話いただきます。
「すぐできること」って・・・?楽しみです♫

ぜひ「土曜の音楽カフェ♪」にいらして、認知症や高齢化についてゆるやかに学び、音楽を聞きながら語り合いませんか?
また、地域の方、専門職の方との出会いの場でもあります。
純オランダ式のカフェタイムを体験しに来てください。

 日 時 : 平成29年10月7日(土) 13:30~15:15ごろ
      1部 13:30 カフェタイムと音楽
      2部 14:00 講話
        「今さら聞けない健康の基本~すぐできること~」  仙台元気塾
      3部 14:30 カフェタイムと音楽
      4部 14:50 Q&Aとカフェタイム
場 所 : 東北福祉大前駅 ステーションカフェ(駅の目の前です)
参加費 : 無料(コーヒー、紅茶、お菓子を用意しました)

申し込み、予約は特にいりません。誰でも参加できます。

※公共交通機関をご利用ください。
※介護相談コーナーもあります。(介護者・ご本人大歓迎)
※見学も大歓迎です!(多数の場合は事前にお知らせください。)

 ♪東北福祉大学と仙台市の認知症対策推進協定(平成26年12月締結)の一環で開催されています。
♪♪認知症カフェは、国の認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)に位置付けられています。

詳しくは、チラシをご覧ください。
土曜カフェチラシ2017.6~

今後の予定:平成29年11月4日(土) 13:30~15:15ごろ
テーマ「「良い介護サービス」知っておかなければいけない理由」 千葉 万里子さん(国見地域包括支援センター)

※いずれも、場所、時間は今回と同じです。

問合せ
認知症介護研究・研修仙台センター 連絡先 022-303-7550
(平日9:00~17:30)
国見地域包括支援センター     連絡先 022-727-8923
(平日9:00~17:30)

せんだんの杜には【世代を越えた交流】があります。

そこには豊かなひと時があります😊

夏休みのある日、せんだんの杜 特別養護老人ホーム「リベラ荘」のユニット【さくら】に、

お子さんたちの元気な声と笑顔があふれました🍀

せんだんの杜の敷地内に新しくできた「せんだんの杜 国見ケ丘の家」より6名のお子さんが

遊びに来てくれたのです!

 

自己紹介&大好きな歌を披露してくれました🎶

 

司会担当のお子さんは、この日のために前もってスケジュールを考えてくれていたとのこと。

うれしいですね。その気持ちはみなさんにもしっかり届きます💖

「いいねぇ~。」「お歌もよかったね。」すっかり感心されていました。

 

「じょうずだね。かわいいねぇ~。」

 

「こんにちは!」元気な挨拶です😄

 

お子さんたちは席を交代し合いながら、みなさんと交流できるようにまわってくれましたよ。

優しいこころ遣いがステキです✨

「元気だね!来てくれてうれしいよ。」みなさんからお子さんにも明るい声が響きます。

 

「何年生になったの?」

 

「学校でどんなことが流行ってるの?」「お勉強は楽しいかな?」お子さんたちに優しく質問をすると、

「お話しの勉強はむずかしいです。」とお子さんの答え。

「がんばってね!」とエールが送られます。

 

アイコンタクト💕

 

世代のギャップも何のその。するりと隣の席へ座り、お互いの顔をみて、にっこり笑顔。

それだけでいいのです。言葉によるやり取りだけではないものが自然にうまれます。

その自然な、やわらか~い雰囲気に、私たちも “関わりとしての学び” を深めるひと時でした。

 

おやつも一緒にいただきました🍴

 

「かわいいねぇ。本当にかわいい。何をしてもかわいいよ。」

「仕草の一つひとつがかわいいねぇ。」

みなさんから出てくる言葉は「かわいいねぇ」がダントツの1位でした!

そして、その思いは涙があふれるほどでした・・・。

心と心のふれ合い。言葉では表現しきれない感動。

かけがえのない豊かなひと時となり、

「そのかわいいお顔をもっと見ていたいよ。」とお見送りの際のひと言でした。

 

本当ですね。ご近所さんなので、これからもたくさん遊びに来てくれると嬉しいですね❣

 

【ご案内】

「せんだんの杜 国見ケ丘の家」は放課後等デイサービス事業所です。

放課後にお子さんたちが集い、音楽を聴いたり、おやつ作りや工作、公園での外遊びをしたりと、

放課後を満喫し様々な「体験」と「出会い」を大切にしています。

地域の中で少しずつ大人になっていく子どもの「成長」をご家族と共に見守り、子育てのお手伝いを

しています。

 

国見ケ丘の家

敷地内駐車場の少し奥に建っている一軒家です。

隣には東北福祉大学の野球場があります⚾

 

家の前には四季折々の花も咲き、ともにお子さんの「成長」を見守ります。

・・・プーちゃんたちも一緒です💕

いつでもご見学にいらしてください!お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せんだんの杜「中山の家」通信 2

中山の家のブログの更新を待っています!」

ある日、地域の方からこのようなお言葉をいただきました。

そうなのです。前回「中山の家」のブログをあげたのは昨年9月のことでした・・・。

 

こちらです☞ せんだんの杜「中山の家通信」1 (平成28年9月8日)

 

・・・あれから1年も経っていたのです。

その間、この通信の更新を待っていて下さる方がいらしたことを知り、本当にありがたく思いました。

この期待(?)を胸に、再び「中山の家」の最新情報をはりきって紹介させていただきます!

 

「中山の家」は仙台市青葉区中山4丁目にあります🏠

「中山の家」

 

中山商店街の中腹あたり。少し坂を上った住宅街のなかにあります。

新しく・・・は、ありませんがモダンな平屋建て。家の中は生活しやすいようにリフォームしています。

利用されている方の日常生活は前回の「中山の家通信 1」で紹介いたしましたので、

今回は地域密着型ならではの活動の様子をお伝えします。

 

 

『ギャラリーなかやま』始めました!

・・・なんだか【冷やし中華始めました】のような出だしですが、

そうなのです、「中山の家」でギャラリーを始めたのです!

いかがでしょうか。なかなかの雰囲気ですよね✨

玄関の正面の陽だまりにあふれるスペースを使い、「中山の家」を利用されている方の作品や、

ご近所の皆さまの作品を展示しています。

『ギャラリーなかやま』の由来は…

 

「中山の家」がある町、中山の(なかやま

地域の方々とご家族と共に、仲間(なかま)

み・ん・な 仲良し(なかよし)

 

という意味を込めています。

さあ、作品を紹介いたしましょう!

国内・外の旅行写真や仏画

ご近所の栗山さん(右)の作品です。

利用者の皆さまとも作品を見ながら話が弾みます。

美しい写真に旅の情緒を楽しませていただいています。

 

達筆な書道や縁起の良い植木

こちらもご近所の中沢常夫さんの作品です。書道の作品は雑誌に掲載されるほどの腕前です!

ギャラリーに格式を添えていただきました。

 

利用者の皆さまからも多数の作品が作りあげられていきます✂✍

ソファで眠るKさん。

大好きな入浴以外の時間は、よく眠っているKさんです。散歩やレクリエーションにお誘いしても、

「筋肉を使うと早死にする。眠っている方がいい。」と・・・。

Kさんの信条をうかがうと、

このとおり。

「世の中は寝るほど楽はなかりけり 浮世の馬鹿は起きて働く」とのこと。

なるほど・・・。

七夕に願い事を書いていただくと、

「死にたくない」

寝てばかりいるのにも意味があったことを知りました。

 

こうなると職員も負けていられませんよ。

まだスペースが空いているので、職員も作品があれば飾るようにしたところ・・・

出てくる、出てくる。こんなに趣味や才能(!?)があったとは!

写真や書道の作品

 

あれれ、こんな場所にも作品が展示されてました~!

ぬかりなく天井にも・・・ソファに寝転ぶと見えるのです👀

 

まだまだ作品募集中です。

そして、ギャラリーなかやま』はどなたでもご覧いただくことができます。

どうぞご自由にお立ち寄り下さい🍀

 

「中山の家」の風物詩、広い庭の花々&野菜たち🌷🍆🌺🍅

ありがたいことに「中山の家」には広い庭があります。

そして四季折々の花が咲き、おいしい野菜がたくさん実ります。

でも、やはり手ごわいのは雑草です・・・。

“抜き取るか!”  “生えるか!”  どちらが先か、日々格闘しています!

 

【タチアオイ・アサガオ・ホウセンカ】

 

【イチジク・トマト・ズッキーニ・赤しそ】

 

・・・そうです。お読みいただいている方は何かお察しのことと思いますが、

こんなにすてきな花と野菜は「中山の家」の職員だけでは・・・です😌

もちろん協力して下さる方がいるのです!ご近所にお住いの心強いサポーターの方が!!

 

中沢常夫さん(左)です!

 

朝や夕に、庭の様子を見て下さり、土や肥料、苗の植え方、水やりの時間、剪定・・・。

ご指導とご協力をたくさんいただいております。

本当に心より “おかげさまです” の気持ちでいっぱいです😊

そして今年の庭の最大の出来事は・・・

 

ヒマワリでした🌻

とにかく最大だったのです!

中沢さんのお庭に咲いたヒマワリの種をおすそ分けいただいたのですが、

あまりに背丈が大き過ぎて、下から上まで写真に納めることができず・・・📷

この写真でその大きさが伝わりますでしょうか・・・

 

青空をつき抜けるような・・・

 

大輪のヒマワリでした💖

あまりの大きさに、悔しくも台風の大打撃を受けてしまいましたが、

まだまだ綺麗でしたので、愛をこめて

ギャラリーに飾りました🌻

なんだかゴッホの『ひまわり』のようでステキでしたよ。

 

「なかやまの家」のスタッフです。

よろしくお願いします🍀

皆さまのお越しをお待ちしています😊