社会福祉法人 東北福祉会 > せんだんの杜トップ > 国見ケ丘せんだんの杜保育園
国見ケ丘せんだんの杜保育園

保育方針 (保育目標)

せんだんの杜保育園は、子どもたちにとって「居心地のよい保育園」であることを大切にしています。おとなと子どもが、様々な体験をとおして喜びや悲しみを共感しあい、ともに育ち合っていける「もうひとつのおうち」でありたい、そして同じ年齢の子どもだけでなく、異年齢の子どもたちとの交流や隣接する老人ホームのお年よりとの交流などをとおし、様々な世代の人たちと触れあっていく中で、子どもたち自身が“生きる力”を育んでいくことができる保育園でありたいと考えています。

本園(定員99名、対象年齢0〜5歳)

分園(定員28名、対象年齢0〜2歳)

このような保育をしています

普通保育 保護者が働いているか、または病気などのためにお子さんの保育ができてない場合、保護者に代わって保育をいたします。
乳児保育 生後4ヶ月から保育いたします。
延長保育 通常の保育期間を超えた午後6時から午後7時までの保育です。
統合保育 ハンディキャップのあるお子さんたちも一緒に過ごし、ともに育ち合えるような保育です。
子育て支援 地域の子育て家庭を支援します。相談、情報交流、保育園解放や人と人とをつなぐ役割を目指しています。
一時保育 週3日以内の仕事や入院・通院・介護などで一時的に保育が必要な方へのサービスです。

〒989-3201
宮城県仙台市青葉区国見ケ丘七丁目141番地9
TEL:022-277-1155 FAX:022-277-1146

一時保育について

国見ヶ丘せんだんの杜保育園では、普段、ご家庭で過ごしているお子さんでもご家庭の都合に合わせて一時的にお預かりするサービスを行っております。

非定型的保育 原則として週3日までの保護者の就労や職業訓練、就学のため、定期的に保育が必要な方への保育サービスです。週3日を限度に利用できます。 申し込みは利用日の1ヶ月前から受け付けます。また、一旦申し込めば一年間継続的に利用することができます。(但し、年間を通して変更がない方に限ります。) 週4日以上の就労の方は利用できません。申請と実態に違いがあった場合、利用取り消しになることもあります。
緊急保育 保護者の通院、入院、出産、家族の介護など緊急事態で一時的に保育が出来なくなったとき、2週間を限度に利用できます。申し込みは利用初日の1ヶ月前から受け付けますが、1回分の予約のみとさせていただきます。
私的理由 育児等に伴う心理的・肉体的負担の解消やボランティア活動などを理由に週3日を限度に利用できます。申し込みは利用初日の1ヶ月前から受け付けますが、1回分の予約のみとさせていただきます。
利用対象と定員 生後5ヶ月から就学前のお子さんで、1日概ね10名程度

※幼稚園に通っているお子さんや他園とのかけもちで週3日以上になる方はご利用できません。

せんだんの杜子育て支援センターについて

国見ヶ丘せんだんの杜保育園では、子育て支援センターを併設し、地域の子育て家庭をサポートしたいと考え、次のようなことを行っています。

子育てサロン・
親子あそび
親子一緒に楽しく遊べるように「手あそび」や「お話」「お楽しみ」などの企画を用意しています。年齢別の内容で、地域の親子の方々が気軽に集い、交流できる場を提供したいと思います。詳細は「センター通信」でお知らせします。
自由来園・
保育園の開放
月〜金曜日 午前の部(10:00〜12:00) 午後の部(15:00〜17:00)
保育園のホールと園庭を開放しています。園内を見学したり、保育園の子どもたちと一緒に遊びましょう。親子一緒でお願いします。
保育園行事の開放 運動会やもちつき大会など、保育園の子どもたちと一緒に楽しみましょう。
子育て支援 月曜日〜土曜日(10:00〜18:00)は電話または来園していただいて、お子さんのことや子育てのことなど何でも気軽にお話いただけるようお待ちしております。
お話を伺いながら一緒に考えていきたいと思います。
育児講座
(託児つき)
様々な分野で活躍する講師をお招きし、育児や生活に関する情報を提供します。
あそびの講座
(託児つき)
親子で遊べる「あそび」の紹介やお母さんのリフレッシュを目的に簡単な工作や折り紙あそびを楽しみましょう。
一時保育 保育園や幼稚園に入園していない乳幼児で、一時的に家庭での保育が困難になる場合に、お子さんをお預かりするサービス事業です。
子育て通信の発行 年4回「センター通信」を発行して、育児の手助けになる情報提供、わかりやすく楽しめる内容で講座や親子あそびの企画をお知らせします。
育児サークルの
支援
ボランティアセンター多目的ルームを育児サークルにお貸しします。利用したい方はお問い合わせください。
遊びの提供 近くの公園などに保育士が出向いて「親子が一緒に遊ぶ」など、遊びの提供を行っております。